誰でも簡単!最短で数的処理勉強法について!

 

こんにちは。

 

ゆーとです。

 

今日は2018年公務員試験の合格を目指す方

に向けて記事を書いていきたいと思います。

f:id:yuto34:20170804124210j:plain

 

公務員になる為には

公務員試験に合格する必要がありますね。

 

 

まぁあたりまえですが。

 

 

 

しかし、公務員試験の勉強を始めるにあたって…

 

『何から始めれば良いか分からない』

というのを感じるのが本音だと思います。

 

 

 

どうせなら、正しい効率の良い勉強を知ってきたいですよね!

 

 

 

 この記事にあなたが目を通して頂ければ

 

 

 

数的処理で1番大切なこと

 

をあなたは理解し

 

 

圧倒的なスタートダッシュを決め、

早くも周りと差を付けることが出来ます。

f:id:yuto34:20170804125348j:plain

 

逆にこの記事をスルーしてしまうと

 

あなたは

 

数的処理で1番大切な事を理解できません。

 

 

 

知らず知らずの間に、間違った勉強習慣を身に着け

肝心な知識を身に着けることが出来ず

 

公務員試験合格へ遠回りをする羽目に合います。

 

 

 

今後の勉強効率を大きく左右しますので

ぜひ目を通して頂きたいと思います。

 

 

どうすれば良いか?

f:id:yuto34:20170804124501j:plain

 

 

 

ブログなどを通じていつも言っていますが

 

※あなたの受験する自治体の過去問を中心に勉強する。

→【超重要】

 

 

ということです。

 

 

なぜ過去問なのかは、↓の記事を参照してみて下さい

 

参考書選びより大事なこと

 

 

 

 

 

 

過去問が重要な理由を理解して頂けたでしょうか?

 

 

市販の参考書で勉強するやりかたもありますが

 

正直言って効率がよいとは言えません

 

 

なぜなら

 

参考書の内容があなたの受験する自治体の

頻出問題が掲載されていないかもしれませんし、

 

問題の難易度だって合致しているとは限らないから。

 

 

しかし、どの公務員試験試験も

 

「その試験」の数的処理の過去問と同じ、あるいは同じ傾向の問題が

7~8割以上は出題されます。

 

 

受ける試験以外の問題を解くのは非効率です。

f:id:yuto34:20170804124738j:plain

 

だからこそ

 

出題された過去問をまず完璧にすることが

得点をあげる最も効率の良い方法なのであり、

 

 

過去問を中心に勉強することが重要なのです。

f:id:yuto34:20170804125737j:plain

 

 

 

2018年受験を考えているみなさん!

 

まずは、あなたの志望する自治体の過去問を完璧に仕上げることから始めてみましょう。

 

 

そうすれば

 

あなたは効率的かつ的確に

 数的処理の学習を進めることができます

 

p.s

なぜ数的処理が苦手なのか一緒に考えてみませんか? 

いまだけPDFで解説します!

→【こちらから!】

 

 

今日は以上です。

 

ありがとうございました。

 

 

【数的処理関連記事コーナー】

※限定公開※予備校講師も教えてくれない㊙︎攻略法!

参考書選びより大事なこと

数的処理が苦手なら、まずこれを読め

数的処理を甘く見てはダメってこと