教養試験は、○○○○から解く!

んにちは!

 

ゆーとです。

 

今日は、教養試験で問題を解く順番

 

について書いていきます。

 

教養科目を

・1ページ目から解く

・得意科目を先に解く

・苦手な科目から解いてしまう

 

個人によって様々だと思います。

 f:id:yuto34:20170317084607j:plain

 

 

どこから解こうが理論上時間は同じです。

 

 

しかし、実は解く順番を間違えると

得点に悪影響を与えます。

 

 

こんな簡単な部分で点数を損したくないです。

 

どうでもいいところが原因で不合格なったら

悔やんでも悔やみきれません

 

来年の公務員試験まで

「あのときああしていれば…」

と、あなたは失敗を引きずることになります。

 

 

しかし、今回の記事を読んでいただけば

 

少しでも教養試験を有利に進める方法によって

違う方法を取っているライバルたちに

ジワジワと差をつけることが可能になり

 

あなたは、公務員試験を「合格する側」の人間として

来年から公務員として働ける可能性が上がります!

 

 

逆に読まなければ、

 

些細なことでライバルと差がつき

本番で実力を発揮することが出来ず

 

公務員浪人して1年間を「後悔」の感情と

過ごす羽目になるかもしれません。

 

合否に直結する内容なので、

解く順番に悩んでいたら、今回解消してくださいね!

 

 

どの順番から解くべきか?

 f:id:yuto34:20170317085411j:plain

 

 

 

 

 

教養試験の1番の敵は何でしょう?

 

・プレッシャー?

・周りのライバル?

・目の前の問題用紙?

 

いえ、どれも1番ではありません!

 

1番の敵は、時間です。

 

教養試験は思った以上に時間がありません。

 

そして私が勧めるのは

数的処理を真っ先に解くことです。

 

これは理由があります。

 

 

 

なぜ数的処理が先なのか?

 

f:id:yuto34:20170317085847j:plain

 

 

 

 

 

それは、暗記科目よりも、知能科目が教職試験で重要だから!

 

知能科目は

解きにくい・時間が必要・問題数が多いです。

 

それゆえ差がつきやすい分野。

 

 

なぜこれらの科目は時間が必要かって?

 

頭を使って解かなければならない問題だからです。

 

知能科目は、覚えた記憶を正解に当てはめる暗記科目より

何倍も1問にかかる時間が異なってきます。

 

それを後回しにするとどうなるでしょう?

 

あなたは

時間に気を取られながら知能科目を解く羽目になります。

 

時間が無くなるほどに

時計が気になってしまいます。

何回も、ちらほらと見てしまいます。

 

間違いなく

集中していないですよね?

f:id:yuto34:20170317222031j:plain

 

 

あたまをフルで回転させるべき部分なのに。

 

あなたが最後の10分で新しい問題に取掛かったとします。

 

問題文を読んで時計見ます。

 

計算式を考えるときにも時計を見ます。

 

計算途中も時計を見ます。

 

焦って手が震えていても時計を見ます。

 

気づけば残り時間はあと5分を切りました。

 

もう失敗していますよね。

 f:id:yuto34:20170317090307j:plain

 

 

 

ですので、時間のかかる

数的処理を先に解くことが重要になるんです。

 

 

今すぐに

あなた自身の問題の解き方も考えてみて下さい。

 

あなたが、別の方法で解こうとしていたなら

まずい状態です。

 

勉強の時から、数的処理を先に解くと

本番でも慌てないので良いですよ!

 

 

今日は以上です

 

ありがとうございました。