模試の結果が悪くて悩むのは無駄!

んにちは

 

ゆーとです。

 

今回は、模試の活用方法について書いていきます。

f:id:yuto34:20170316215359j:plain

 

 

大体、本試験開催の2~3か月前ほどの時期に

大手予備校では模試試験が開催されます!

 

 

本番までにみなさん何回か臨む方が多いと思います。

この模試は、順位や志望先の判定が出るので

 

 

全然解けなかった…

努力したのに全然ダメった…

D判定、、、合格なんて無理だ…

 

 

と落ち込む人が多いです。

「現時点では、点が悪くて当然」と思いながらも

ショックをうけてしまうんです。

f:id:yuto34:20170316220149j:plain

 

 

しかし、模試試験の受け止め方によって

合格するひと、合格できない人が分かれます。

 

 

ここで1つ大事なことを話しますが、

模試試験の得点と合格率は、比例しません。

 

 

予備校の模試は、本番より難しく作られていますので

点が悪いことは気にしなくて大丈夫です。

f:id:yuto34:20170316220554j:plain

 

大事なのは

模試の結果を見た後の行動です。

 

 

 

今回の記事を読めば、

あなたは、模試の点数が悪くとも

本番で試験で実力を発揮する方法が身に付き

 

合格発表の時には

「あきらめないでよかった!」

と、心から喜ぶことが出来ます。

 

逆に読まなければ、

それまで勉強を頑張ってきたのに最後で失速し

今までの努力が水の泡になります。

 

模試の結果を引きずったことを

公務員浪人して、一生後悔する羽目になります。

 

 

合否の分かれ目になる場所なので、必ず読んでください!

 

 

 

 

どう対応すればいいか?

 

f:id:yuto34:20170316221146j:plain

 

 

 

 

それは

間違えた問題を自分の弱点と認識して

復習することです!

 

正解した問題は、理解できているのだから

間違えた問題を復習すれば、何も問題ありません!

 

 

公務員試験は、勉強範囲が大きいですから

 

どこを理解できていて、どこが理解できていないか

勉強しているうちに分からなくなります。

 

 

でも模試試験は、ピンポイントでそれを教えてくれます!

 

 

下手に模擬試験で高得点を出した人は

 

判定が良いから油断します。

自分の弱点が分からず、復習を怠ります

 

模試で、偶然分かる問題が出題されただけ

そんな可能性には目を向けることはできないです。

 

 

模擬試験が悪かった人は、自分の弱点を知れて

むしろラッキーな存在なんですよね。 

 

 

復習を怠った人に負けるはずがありません。

本番で逆転なんて十分可能です。

 

f:id:yuto34:20170317223017j:plain

 

 

 

 

では、今すぐにあなたが

模試を効率よく活用できているか

 

勉強を振り返って考えてみましょう!

 

やるべきことは一喜一憂ではありません。

もし、思い当たる点があるなら

非常に良くない状態にあると思ってください。

 

今すぐからでも、改善すれば良いだけです!

 

 

合格する側の行動を意識してくださいね!

 

そうすれば、受験の女神があなたに微笑むことでしょう。

 

 

 

今日は以上です。

 

ありがとうございました。