たった1つの意識で学習効率は変わる!

んにちは!

 

ゆーとです。

 

今日は

吸収が早い人の勉強法

について紹介したいと思います。

 

この記事を読むことであなたは、

 

 

1度勉強したことを忘れることなく

効率的に知識を暗記できるようになります。


つまり、公務員試験の合格率が高くなります!

 

逆に読まないと

無駄な勉強時間が増えることになります。

 

今回の知識は、数的処理以外にも使えるので

ぜひ読んでください。

 

 

 

突然ですがあなたは

人の記憶が

どのくらいで消えるか知っていますか?

 

f:id:yuto34:20170305150833j:plain

 

ドイツの心理学者、エビングハウスの有名な理論

忘却曲線」によると、人の記憶は

 

 

1時間後に56%

1日後に74%

 

忘れてしまいます

f:id:yuto34:20170305150917p:plain

 

上図のように一生懸命勉強をしても

半分以上は忘れているんですね。

 

 

つまり物事を忘れないために

復習をして記憶を定着させる必要があるのです。

 

 

 

新しいことを次から次へと学ぶだけではダメです

 

 

物事を忘れないためにも

 

学習の振り返りをして

記憶を定着させる必要があるのです。

 

これをするかしないかで

学習に雲泥の差が生まれます。

 

 

復習すべきタイミングが存在する!

f:id:yuto34:20170305151712j:plain

 

 

 

 

今まで説明して通り

人は忘れてしまう生き物だと理解してもらえたと思います。

 

 

しかし、記憶が下がったところで復習することで

 

忘れるスピードを緩やかにすることが出来るのです。

下図を見て下さい

 

f:id:yuto34:20170305151913p:plain 

 

1番左の定着率100%の部分

これが学んだ日です。

 

まずこの青線を見て下さい。

 

学んでから復習しなければ、

青線のようにどんどん忘れていきます。

 

 

しかし、下がったところで復習すれば

忘れるスピードを穏やかにすることが出来るんです。

f:id:yuto34:20170305151913p:plain

エクタン - 株式会社オブジェクト・ファナティクス

 

オレンジ線を見ると、右に行くにつれて

忘れるスピードが穏やかになっていますよね。

 

「1度に何回も復習すれば覚えられるじゃないか?」

 

と思われるかもしれないですが、

記憶は、回数をこなせば定着するわけではないのです。

 

 

 

しかしあるタイミングで復習を行えば

きちんと定着します。

 

脳が忘れた物を記憶しなおすことで

 

脳が

「これは大切な情報だから覚えよう」

と理解するようになるんです。

 

 

そのタイミングとは

1日後. 3日後. 1週間後. 1か月後

 

です。

 

このタイミングが、程よく忘れている時間なのです。

 

だんだん緩やかになって復習時間も伸びていますよね。

 

 

ですので、学習ノートを作って

学習内容を記憶することを強くお勧めしますよ!

 

 

これ1つで効率的な復習が可能になりますから。

 

 

 

もしあなたが、今日何か勉強したのなら

 

今すぐ手帳に学習内容を記憶してください!

 

 

ほんの10分程でも後日に復習するだけで

 

みるみる記憶が定着していることでしょう。

 

 

今日は以上です。

 

ありがとうございました。