参考書選びより大事なこと

んにちは

 

ゆーとです。

 

数的処理では

参考書選びは、大事な要素の一つです。

 

 

これからの長い勉強期間を共に過ごして行くわけで

 

自分に合わない参考書を使ってしまっては

 

合格が遠のきますからね…

 

 

 

でも数的処理を解けるように

なるには

 

 

参考書選び以上に大事なことがあります。

 

れを知れば

 

勉強が効率的になって得点アップ

あなたの合格に繋がります!

 

逆に知らないと

多くの時間勉強しても

得点が伸びにくくなります

 

 

 

参考書以上に大事なこと?

f:id:yuto34:20170227003634j:plain

 

発表しますね!

 

 

それは…

 

 

 

受験する自治体の過去問を

10年分以上解くことです!

 

 

そうです過去問が大事なのです!

 

 

 

なぜ過去問を解くのが大事なのか。

 

理由は2つあります。

 

 

 

1つ目は

 

本試験では過去問と類似した問題が

出題されるから

 

です。

 

これは、数的処理に限らず

公務員試験全般に言えることでもあるのですが、

 

 

数的処理において過去問から

大きく逸れた問題が出題されることは

 

基本的にありません。

 

 

ですので、過去問を解けば、

 

出題されるであろう問題に慣れることができ、

 

 

正答率を上げることができます。

 

また、過去問と全く同じ問題が出題されることも

珍しくありません。 

 

 

 

2つ目のメリットは

 

勉強すべき科目を絞りこめるです。

 

 

数的処理の参考書を買ってもらうと

かると思いますが。

 

 

とんでもないページ数ですよね?

 

気が遠くなります…

 

 

でも待ってください!

 

参考書に書いてあることの全てが

 

あなたの受験する自治体で

出題されることはありません!

f:id:yuto34:20170301092603j:plain

 

 

 

出題される傾向が大きい科目と

出題される傾向が小さい科目が

 

必ず存在します!

 

 

出題傾向を無視して勉強するのは

 

無駄にしかなりません…

 

 

過去問に目を通して

 

『何を重点的に勉強するべきか』

 

あなたは知る必要がありますよね。

 

 

これを実践するか、しないかで

 

 

勉強の効率性に何倍もの差が生まれます!

 

やっぱり勉強するなら

効率的に行いたいですよね!

 

 

そんな話本当なの?

 

 

と、疑いたくなるのも分かります。

 

 

しかし

国家一般試験の数的処理は満点近く得点できた人が、

東京都一類Bでは、半分も解けない

 

 

なんて事例はめずらしくない話で

 

自治体に出題傾向とその対策は異なってきますし、対策を怠れば得点できないんですね。

 

 

なので

受験する自治体を考えてみて下さい!

 

自治体が決まったのならば

あとは過去問を実際に解いてみましょう!

 

 

 

 

 

そうすれば数か月後は、

あなたの得点力がグングン伸びていることでしょう。

 

 

勉強効率を更に上げたい方は↓↓↓をクリック

yuto34komuin.hatenablog.com

 

 

今日は以上です

ありがとうございました。