あなたも公務員になってみないか?メリット教えます!

んにちは  

ゆーとです。

 

今回は、ズバリ!

 

 

 

公務員のメリット

 

 

について書いていきたいと思います。

 

 

就職を考える際、一般的には

就職活動に臨んで

 

企業に就職する人がほとんどですよね!

 

でも今の職場に満足してる人は、

 

少ないと思います

 

 

 

だって世の中不安だらけですよね?

 

 

 

会社のブラック化、低賃金化、生涯雇用の不安など…

とにかく尽きないと思います。

 

 

 

最近は大手企業ですら経営赤字で倒産寸前なんて

ニュースも流れるわけですから。

 

 

自分の未来が不安に感じてしまうのも仕方ないです。

 

 

そこで僕が提案する選択肢が

 

「公務員」なのです。

 

 

実際に公務員の何がいいか知っていますか?

 

 

  

公務員には

 

一般企業には無いメリット

 

があります。

 

 

 

メリットを手に入れるには

公務員試験という関門を

 

突破しなければなりません。

 

でも…

「勉強がつらくて…」

「周囲に流されて民間企業に」

 

といった形で

 

諦めてしまう人が多いです。

 

 

ですので

ここで公務員のメリットを知って。

 

 未来の理想の自分イメージできるようにしてください。

 

これが、

つらい試験勉強を乗り超えるモチベーションになります。

f:id:yuto34:20170223230947j:plain

 

 

 

 

では行きましょう!

 

 

 

① 安定した給与

 

公務員の最大の利点ですね。 

犯罪を犯すとか、余程のことがない限り

 

 

解雇されることがありませし、

年々収入が増えてくことが保証されているので

  

経済的な面では悩むことは無くなるでしょう。

 

 

いやいや「公務員は給料が低いでしょ?」

 

と思われるかもしれませんが、

 

地方公務員の平均年収は

 

670万程度です。

 

 

また、解雇されないことを理由に

銀行からのとても信用が大きいので、

 

お金が借りやすメリットもあります。

  

毎月高い家賃を払うより、

 

家買って、同じ額のローンを組んだほうが

良い家に住めるでしょう。

 

その上、家と土地が残るので

 実際の年収以上の生活が期待できますよ!

 

 

② プライベートの充実

 

2つ目のメリットは、仕事とプラーベートが両立できることです。

 

 単純に言うと労働時間が短いです。

 

 市役所って大体17時に閉まりますよね!

 

それで

17時15分には帰宅できる。

 

 そんな職場が普通にあります 

上司が職場に残っていてもですよ!

 

ちょっと極端な例を上げましたが、仕事が終わっていれば

上司が帰らなくても本当に普通に帰れます。

 

さすが忙しい時期は残業することもありますし、

何の公務員かによって差は有りますけどね。

 

でも、上司の目を気にせずに

普通に定時で帰ることができる職場って

 

なかなかないと思います。

 

 さらに体調不良や、有給休暇を消費したいときに

 

 休暇申請する壁がとても低いんです!

 

 民間企業に勤める友人は

 

「有給取ると嫌味を言われる」

 

と言っていたのですが

公務員の私からしたら信じられません。

 

無意味に怒られたり、不安を煽られたりすることは

ほとんど無いといえますよ。

 

③ 福利厚生の充実

 

公務員は、人生で迎える

結婚・出産・子育てといった側面でも

 

安定した雇用が保証されています。

 

若い人は実感しずらいかもしれませんが、

 

 

人生の分岐点でも安定した雇用が保証される

のは大きなアドバンテージです。

 

 精神的な安心感は、民間とは比較できないですし

 

 

職場全体が、あなたの生活をバックアップしてくれます

f:id:yuto34:20170227231800j:plain

 

 

 

 女性の育児休暇習得率はほぼ100%に近いですし

 9割以上が、職場に復帰していますので

 

 女性にとっても働きやすい環境と言えます!

 

 

 

以上が、私の考える公務員の利点です。

 

 

経済的のみでなく

 

精神的安定も大きいこと

 

理解して頂けましたでしょうか?

 

 

 

「何のために公務員を目指すのか?」

 

イメージしてしてほしいです!

 

 「今より楽して生きたい」

「やりがいのある仕事をしたい」

 

なんでも良いです。

 

 そうなった自分を想像してみて

 

スマホのノート、手持ちの手帳に書いてみて下さい!

 

それが夢を掴む原動力になります!

 

 

 

今日は以上です。

ありがとうございました。