読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己紹介と、このブログについて

はじめまして! 

 

私は、公務員試験の「数的処理」をたった毎日1時間の勉強で解けるようになる方法を教えています。

 

ゆーとです!

 

 

私は数年前まで地方公務員として勤めいてました。

 

 

学生時代は、特にやりたいこともなく

毎日をサークル仲間とダラダラ過ごしていた

いわゆる目立たないタイプの地味な学生でした!

 

 

そんな私は、就職活動にも本気になれず

なんとなく内定をもらった地元の企業に流されるように就職

 

いざ働き始めても、やりがいが無かったり、厳しい上司に嫌気が差し

1年で仕事をやめてしまいました

 

 

典型的な 根性なし人間でしたね(笑)

 

そんな感じで退職後は、派遣社員として暮らしていました

 

 

「このままではマズイ…」

 

そんな気持ちもありましたが、

 

キツイ就職活動も、うるさい上司の下で働くのも

絶対に嫌でした。

 

 

そこで!

「安定していて楽そうなイメージ=公務員」

 

と思い、公務員を目指すことにしました。

 

 

近くの書店で公務員の参考書を購入し、

 

独学で4か月程勉強した後、受験しました。

 

 

 

結果

 

 

 

 

 

全て一次試験不合格…   

 

 

完敗です。足元にも及びませんでした。

大学受験を経験していたので、なんとかなると

考えていたのですが甘かったです。

 

 

 

その後、途方に暮れた私はすっかりやる気を無くし

またダラダラと家と仕事を往復するだけの生活に

戻ってしまいました。

 

 

 

 

 

そんなある日、学生時代のサークル仲間のみんなで

久しぶりに飲み会をする事になったんです!

 

 

久しぶりの再会だったので意気揚々と向かったわけなのですが、

 

そこには学生時代からは想像できない程に

ひたむきに生きる友人たちの姿がありました。

 

 

 

将来の夢とか、いくら稼げるようになりたいだとか、女の話とか

 

学生時代は目立たなかった私の友人たちが

 

 

 

目を輝かせながら

希望ある未来について語りあっていたんです

 

 

しかも、私が派遣社員であることを

イジられて、バカにされる始末でした…

 

 

身近にいた友人が、どこか遠くにいってしまった感覚でしたね

 

 

 

いくら私でも、今の状況を周りに言うような、

恥ずかしい状況になるのは嫌だったので

 

 

結局その日、僕は居心地が悪くなってしまい一次会で帰ってしまいました。

 

 

 

 

「ああ… 僕は今までなんて無駄な時間を過ごしていたんだ…」

 

「恥ずかしくて人に会えない」

 

「けど、今更何をしたら良いか分からない…」

 

そんなネガティブな思いが頭の中を巡りまわっていました。

 

 

 

 

 

 

しかしさすがに危機感を覚え

 

公務員試験に対して真剣に取り組むことを決意。

 

 

去年の試験を自己採点すると

 

数的処理の問題が8割以上不正解だったのです。

 

 

 

 

 

このままでは合格できない…

 

そう考えた私は、

貯金の全財産を払って某予備校に入学

 

 

膨大な量の参考書と問題集を

渡されます。

 

 

「え…、こんなに勉強しないと合格できないの?

 

 

 

その場で心が折れそうになりました。

 

 

 

でも高い入学金を払ってしまったのだから

やるしかないので…

 

早速取りかかりました。

 

 

が、以前の4か月間と同じように

数的処理が理解できず

 

勉強が苦痛になり

また挫折してしまいました。

 

 

 

 

 

「僕はなにやっても結局ダメなのか…」

 

「一生派遣社員で人生終わってしまう…」

 

 

 

自分の将来について不安で不安でたまらなくなって

いた時、

 

某予備校で成績優秀者のMさんと

お話しする機会がありました。

 

 

 

 

 

数的処理の勉強方法について聞くと

自分の勉強法について疑念を持ちました。

 

 

 

「私の勉強法って非効率的?

 

 

 

Mさんの勉強法は私と根本的に異なっていました。

 

 

 

Mさんは勉強はそれなりにしっかりやっていました。

しかしそれでも

成績優秀者でも勉強時間は私より短かったのです!

 

 

私はすがる思いでMさんの勉強法を実践しました。

 

 

すると、変化がありました。

 

 

 

同じ問題をミスする機会が激減したのです。

 

しかも勉強の苦痛を感じずに。

 

 

今までそんなことはあり得ませんでした。

だからこれだけで結構嬉しかったものです。

 

 

 

それからは、問題を解いていても

みるみると正解を導き出せるようになりました。

 

 

勉強は嫌いでしたが、それ以上に

問題を解ける快感」が私を支配していました。

 

 

予備校の参考書も、半分ぐらいは白紙です。

 

それでも某予備校開始の公開模試では

結果に驚きました。

 

「数的処理」は一般的に、

 

合格者でも5割正解するのが難しい

 

 

 

と言われていますが、

合格者ラインでした。

 

 

「いけるっ! 合格できる!」

 

結果を見た時は、興奮を抑えられませんでした。

 

 

その後も、Mさんの勉強法を実践していき

 

本番をむかえました。

 

 

受験先は3つでしたが

 

 

全ての一次試験を突破し、

 

最終的には

 

第一希望の内定を獲得できました。

 

 

 

 

この日を境に人生が変わりました。

 

 

学生時代のサークル仲間にも

自分のことを見直してもらえましたし、

 

 

何より両親に自信をもって内定報告できました。

 

職場の仲間からの反応も変化しました。

 

 

やはり、公務員の社会的信用は大きいですね。

 

 

 

あきらめないで本当によかったです。

 

 

 

こんな私の姿を見て、公務員を目指す

職場の同僚や後輩がでてきました。

 

 

彼らも私と同じ「数的処理」で、挫折しそうに

なったそうです。

 

彼らに、どうやって結果を残したのかを

連絡を取ったり、直接アドバイスをしました。

 

 

すると、いずれの人も

 

問題を考える力がついた

考えるべきことが、明確になった

 

と、絶大な効果があったようです。

 

 

そして彼らも翌年には

公務員として働くことができました。

 

 

 

今回の経験を通じて

 

公務員試験は正しい対策を取れば、絶対合格できるものだ。

 

 

こう断言できます!

 

 

昔の私のように

数的処理が解けない

何に力を入れるべきかイマイチ分からない

何年も公務員試験に落ちてる

点数を上げたい

 

 

と漠然とでも悩んでいるあなたへ!

 

 

次はあなたが変わる番です!

 

 

公務員試験はとにかく合格することが重要です。

なるために過程で、労力を使い果たすのはもったいないです。

 

 

このブログを通じて

私の得た経験・ノウハウを存分に活用し

合格をつかんで頂けたら幸いです。