特別区の数的処理過去問分析から傾向と対策法を解説

 


こんにちは
ゆーとです。

 


平成29年度の1次試験が終わった後に

 

「今年の試験はどうだったのかな~」

 

 

なんて思いながら
僕は2ch特別区のスレを眺めていました。

f:id:yuto34:20180714230053p:plain



「今年は簡単だった」
「難しかった、さよなら特別区職員...」

 

 

様々な意見が書いてありました。
人によって試験の受け取り方は異なっていたようです。



僕は気になって
特別区の数的処理で出題された問題を

 

実際に見てみました。

 

 

僕が思ったことは、ただ1つでした。

 

 


「今年も過去問と同じだな~」

 

毎年の事だったので、ただただそれだけでした。

 

 

 

 

※平成29年度

特別区数的処理分析※

 

 

さて、これから




僕なりにまとめた特別区(数的)の情報を
あなたに公開したいと思います。

 


・・・

・・・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・・

 

 

 平成29年は

 

 

19問題中14問が

東京都過去問から出題

 

試合 平成23年 類似 No.10
暗号(新傾向) No.11
推理 No.12
真偽 平成17年類似 No.13
キャロル図 平成18,24類似 No.14
約数 平成24類似 No.15
面積 No.16
ランプの点灯 (都庁の焼き直し) No.17
速さ No.18
確率 No.19
濃度 No.20
資料解釈 No.21
資料解釈 No.22
資料解釈 No.23
資料解釈 No.24
サイコロ 平成16年類似 No.25
パズル(都庁) No.26
表面積 No.27
軌跡 No.28

 

 

数的の効率的な勉強法は

過去問だけ解くことです!



※黒字が過去問と同様問題

※速さ・確率・資料解釈・軌跡は箇所が多すぎるので類似年度は割愛

※no.14は数量推理にも見えるが、キャロル図で解ける

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて
これを見て、あなたはどんな感想ですか? 

 




過去問の大切さが

理解できると思います。

 

いいですか、

 


市販の参考書をいくら勉強しても

あなたが難しいと感じる数的処理は


本試験では、過去問と同じ問題が

出題されています。

 

 


過去問で演習すれば得点は伸びます。

その事を捻じ曲げて解釈してはいけないですよね。

 

 


写真で実際の例を載せてきましょう

 

 

No.10 試合の問題
       

  【平成29年】          【平成25年】

 

 

 

 

 

No.13 真偽の問題

 

 

 

   【平成29年】         【平成17年】

 

 

 

 

No.25 サイコロの問題    

 

 【平成29年】          【平成16年】 

 

 

 

非常に類似していると思います。

 

 

 



公務員の数的処理攻略で大切なのは
『過去問を解くことです。』




今すぐにあなたも
自分自身の勉強を見直してみて下さい。


ひとまず、僕が伝えたいことはこんな感じです。



平成28年度の特別区・数的処理の分析も
下のプレゼントに書いたので、ぜひ見て下さい。


 

 

勉強時間を半分にして

   合格圏内へ!

  【㊙勉強法を配布中】

f:id:yuto34:20171222115615p:plain

 

 

只今、以下の

 

数的処理攻略メソッド(PDF)】

無料配布しています

f:id:yuto34:20171012174909p:plain

 

数的処理が苦手でも、得点を倍にする勉強法

独学の人が陥りがちな間違った勉強法

各試験種ごとの数的処理対策

 

これら無料で手に入れることが出来ます。

↓    ↓    ↓

今すぐ無料で受け取る 

 

 

※無料プレゼントの中には

H28年 東京都特別区数的処理の分析も入っています

ダウンロード期間が終了したら消すので
お早めにどうぞ!


 

 

H30年度についても、いつかやろうかなと思います。

 

 

 

今日は以上です。
ありがとうございました。

 

ゆーと